実績

近自然の川づくりに関する調査・計画・設計・指導の実績例

ダム下流域における河床環境の再生対策

⇒ダムの堆砂処理で発生する巨石を活用し、ダム下流域の瀬を再生(土砂還元) など

川の漁場改善対策

⇒護岸整備や河床・河岸掘削などの影響で乱された河床環境を、水制工や分散型落差工を用いて改善 など

横断構造物(砂防ダム・床止め・頭首工)における魚道設計

⇒魚類の遡上に障害となる横断構造物の落差に、近自然魚道や小わざ魚道を設置 など

橋梁の架け替えに伴う河床環境への影響を低減する対策

⇒橋の架け替えによって失われると予測された早瀬を、分散型帯工などで維持 など

河床環境に配慮した護岸・堤防の設計

⇒アユ産卵場となる瀬の保全と治水安全度の確保とを両立させる護岸・堤防の設計 など

潜水調査

潜水調査

水制工による瀬・淵の再生

水制工による瀬・淵の再生

その他の実績例

近自然登山道の整備

近自然遊歩道の設計

架橋箇所における地形復元・植生回復の設計

たずさわった主な河川等

中野川(青森県)、天竜川(静岡県)、矢作川(愛知県)、天神川・日野川(鳥取県)

物部川・仁淀川・四万十川ほか県内二級河川多数(高知県)、吉野川(徳島県)、肱川(愛媛県)、土器川(香川県)

遠賀川・岩岳川・城井川・友枝川(福岡県)、番匠川・有田川(大分県)、本明川(長崎県)、上内田川・合志川・迫間川・白川(熊本県)、
桜島(鹿児島県)、国場川・安里川・ワルミ大橋(沖縄県)

委員等

2018.4~ 天竜川天然資源再生推進委員会 委員

論文